アレルギーの症状が辛い人にオススメしたい薬がザイザルです。高い薬効に抑えられた副作用と、薬として嬉しいところを総取りしたような薬です。ここではそんなザイザルについての情報を紹介するので、ザイザルに興味がある方は見ていってください。

公開履歴
    多様な薬

    抗ヒスタミン薬の中で副作用が少なく使い勝手の良い薬としてザイザルが挙げられ、即効性や効果の持続時間などの優位性からも、花粉症などのアレルギー疾患の患者の多くに処方されています。
    また、ジルテックという花粉症などのアレルギー治療薬もあります。
    強力な抗ヒスタミン薬とされているジルテックにはセチリジンという成分が入っているのですが、ザイザルの有効成分であるレボセチリジン塩酸塩はこのジルテックの光学異性体です。
    光学異性体とは鏡合わせに存在する分子構造のことで、AとBに分かれていたとして、薬効はどちらも同じなのに対し、副作用がBで強く発生する場合、Aのみを抽出して副作用の少ないものにするというものです。
    細かい原理は省きますが、ジルテックの効果をそのまま残し、脳内にまで到達してヒスタミンを抑制することで強力な眠気を誘発していた部分を取り除いたものと考えれば良いでしょう。

    ザイザルは抗ヒスタミン薬の中で問題となっている眠気を含む複数の副作用のリスクを減らし、安全に飲むことができるようになった抗アレルギー薬ということになります。
    アレルギーを抑える強さを数値化することは叶いませんが、ジルテックの効果の高さを知っている人なら納得のいくものでしょう。
    これまで販売されている第二世代抗ヒスタミン薬の中でもトップクラスの抑制効果を持っているため、大抵のアレルギー症状にはザイザルだけで抑えることが可能です。
    薬の効果は高いほど副作用が強くなるというのが通説ですが、ザイザルはこれに当てはまらない性質を持ち、比較的安全に服用することができるようになっています。
    とはいえ、副作用が全く起こらないというわけではなく、ある程度は眠気を誘発するようにはなっているので、日常的に車の運転や機械の操作をするような人は、服用してから数時間は控えるようにしましょう。
    購入したい場合はわざわざ病院へ行く必要もなく、通販で簡単にザイザルが手に入る時代ですので一度注文してみるのも良いでしょう。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    サイト内検索
    人気記事一覧
      最近の投稿
        アーカイブ