アレルギーの症状が辛い人にオススメしたい薬がザイザルです。高い薬効に抑えられた副作用と、薬として嬉しいところを総取りしたような薬です。ここではそんなザイザルについての情報を紹介するので、ザイザルに興味がある方は見ていってください。

ザイザルと眠気の関連

マスクをかける男性

ザイザルは、花粉症対策の薬として、人気があります。
ただ、どんな薬にも副作用があり、ザイザルも眠気や倦怠感などの副作用のリスクが多少あります。
ザイザルは、抗ヒスタミン薬が眠気を引き起こす可能性があり、眠気を強く感じる場合もあります。
そのため、自動車を運転するときは危険を伴うため、運転を避けなくてはいけません。
また、飲酒すると眠気や倦怠感が強くあらわれることもあるので注意が必要です。

副作用の眠気が気になる人は別の花粉症の薬がありアレグラは効き目が早いこと、眠気が起きにくいのが特徴です。
ザイザルは、スーパージルテックという開発名で、ジルテックの短所を消し長所を伸ばした薬です。
薬の強さは、アレロックの次に強く花粉症だけでなく、じんましんやアトピー性皮膚炎すべてにまんべんなく効果があるのが特徴です。

ヒスタミンは、さまざまなアレルギー反応を引き起こす化学物質の一つで、肥満細胞に蓄えられている細胞の一つです。
その肥満細胞は、体内のあらゆるところに散らばり、脳をはじめとして重要なところに配置されています。
もともとヒスタミンは、集中力を高めたり、眠気や食欲を抑えるなど、体にとっては非常に重要な働きを担っていますが、このヒスタミンが大量放出されてほかの細胞とくっついたときに、さまざまな反応があらわれてしまいます。
ヒスタミンが過剰に分泌されることが、アレルギー反応と呼ばれるもので、異物が入ってきた場合には、くしゃみとして異物を追い出したり、血管が膨張して異物をひっかいて取り除く反応が、かゆみや蕁麻疹としてあらわれます。
また、異物が気管に入ってきた場合には、咳が止まらなくなったり、喘息といった症状を引き起こします。
ザイザルは、ヒスタミンがほかの細胞とくっつかないようにする目的で作られた薬で、1日1回服用することで、1日効果が持続するのが特徴です。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧