アレルギーの症状が辛い人にオススメしたい薬がザイザルです。高い薬効に抑えられた副作用と、薬として嬉しいところを総取りしたような薬です。ここではそんなザイザルについての情報を紹介するので、ザイザルに興味がある方は見ていってください。

ザイザルと他の薬の併用

調子がよくない女性

ザイザルは皮膚のかゆみやくしゃみ、鼻水などのアレルギー症状を起こす原因となるヒスタミンと言う化学物質の放出を抑え、さらに受容体に結合する働きを抑える作用を持っています。
このヒスタミンは花粉や家のホコリなどハウスダストが体内や皮膚に触れることで免疫系細胞から放出され、過敏症状を起こすようになっていますが、脳内では活性化作用を持っていて、思考力や判断力を高める働きをします。
そのため、完全な悪者とは言えず、体内においては非常に重要な役割を持っている物質となります。

ザイザルを含む抗ヒスタミン薬は通常なら体に発生するヒスタミンの働きを抑えるのですが、稀に脳内に侵入して脳の活性化を抑制してしまいます。
これが抗ヒスタミン薬で起こる眠気の正体で、頭がぼんやりすることで眠気を誘発するようになっています。
この抗ヒスタミン薬作用は少ないながらも風邪薬などにも含まれていて、ザイザルと一緒に併用することで、通常よりも強い眠気を誘発するおそれがあります。
生命の危機に関わるような問題ではありませんが、思考力が極端に落ちることで仕事に集中できないといったこともあるため、飲み合わせには注意しておきたいところです。

また、精神を安定させる働きのある睡眠薬、抗不安薬などの中枢神経抑制薬も同様に、神経系の副作用を強めてしまうことがあるので禁忌とは言いませんが併用には注意しましょう。
その他には喘息治療薬のテオフィリン、抗HIV薬のリトナビルは相互作用を引き起こし、抗不整脈のピルシカイニドは血中濃度を急激に上昇させるおそれがあります。
極端に飲み合わせに注意するものは多くありませんが、体の調子を悪くすることもあるのでなるべく注意はしておくと良いでしょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧